お問い合わせ 工塗連事務所アクセス リンク集 新規組合員募集中!詳しくはこちら

VOC規制とは?

 VOCとは揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略であり、揮発性を有し、大気中で気体となる有機化合物の総称で、塗料、接着剤、溶剤及びインク等に含まれています。VOCは、近年増加傾向にある光化学オキシダントや呼吸器に悪影響を及ぼす浮遊粒子状物質(SPM)の原因物質といわれています。

 環境省によると、平成12年度のVOC関連事業における排出量は約150万トンと推計され、業種別にみると、塗装、印刷用溶剤が主な発生源になっています。

 大気汚染防止法の改正により、平成18年4月からVOC排出抑制対策が開始されました。このVOC排出抑制対策は「法による規制」と「自主的取組」の双方からVOC排出量を減らす仕組み(ベストミックス)により、平成22年度までに工場等からのVOC排出量を平成12年度に比べ3割削減することを目標にしています。この目標が達成されない場合、より厳しい法規制の見直しが行われる可能性が考えられます。

 日本工塗連では、特別情報委員会の活動を中心に、組合員のVOC排出量のアンケート集計(104社)を行い、経済産業省に「VOC排出抑制自主行動計画」を提出し、取組参加の業界団体として登録されています。最終目標である平成22年度3割削減に向けてフォローアップを行っています。